子どもとの会話

子どもとの会話で気を付けてほしいこと。

 

未就学から低学年くらいまでは、

とにかくまず、

子どもの話したいことを聞いてあげてください。

 

話したい<内容>を聞こうとせず、

まず子どもの口から発せられる

「話したい」という

<思い>を聞いてほしい。

 

それは内容なんかないことも多々あります。

オチもありません。

幼児期から幼さが抜けない低学年の子どもは、

何となくでしかまだ会話ができないのです。

そして会話というよりも、

成長段階で、母親の肌から離れて、手が離れて、

一人でできるようになった自立感とともに

何となく親子の距離を感じ、

ふと寂しさや不安のようなものが現れたときに

それを払しょくするかのような確認作業でもあるのです。

 

「ねぇ、ねぇ~ママァ~」

「あのさぁ~おかあさん」

 

そんな呼びかけに、ちゃんと向き合ってください。

 

「今忙しいの」

「何?早く言って!」

「言っていることわかんない」

「何、用事があるならはっきり言って」などと

 

少し大きくなって手をかけることが減った子どもに対して、

途端に子ども扱いではなく、

 

大人のペースで聞き、

大人のペースで対応している親をよくみかけます。

 

そうすると子どもは黙ってしまったり、

何も言いたくはなくなります。

いつの間にか顔色をうかがって話しかけるようになります。

 

この時期も親が子どもに耳を傾けることは大切です。

この時期にしっかり聞いてあげていることができれば

子どもは親への信頼感をしっかり確認できるので

安心して、あとは成長していくだけです。

 

そして必要なことはきちんと話すことが

家庭の中で当たり前のように

できるようになります。

 

もちろん対社会に対しても友達とのコミュニケーションが上手になります。

何より、人の話を聞いてあげることが自然にできるようなります。

傾聴のできる子どもは、皆から信頼されます。

 

そして、

「傾聴」で築いた信頼関係は思春期の時期の子どもとの関係に影響します。

思春期の子どもとの会話ができなくなっていることで

困っている親は、

実は困っているのは親のペースで話をしているから

「会話ができない」と思っているんですね。

子どものペースで話を聞いてあげていると、会話ができるのです。

 

親が言いたいことだけをいうだけの会話は

子どもは興味を示さないし、

どうせ聞いてもらえないということがわかっているから

会話をしたいとは思いません。

会話とは、何が言いたいかだけじゃなくて

何を聞いてもらいたいのか、何を聞いてあげるのか、

そこを大切にすることが大事です。

 

特に子どもとの会話は、「聞く」ことを大切にしてください。

子どもは、会話よりも自分のことを受け留めてもらえていないと、

親に媚びて無理にウケ狙いの話をしたり、

大げさに言ったり、嘘をついたり、

顔色をうかがいながら話を作るようになります。

そう、いわゆる「オチ」をいう会話を作るんです。

 

オチがないと聞いてもらえない、面白くないと注目してもらえない。

そんな風にしか会話ができなくなるのです。

思春期に入り、「面白話ができないから」と

話がしたくないという子どももいるんです。

大人が、親が、子どもとの会話をするときに、

もう少し上手になってくれたらきっと、

もう少し様々な問題が解決できるように思います。

 

「今日はお天気がいいね」

「そうだね」

たったそれだけのことだけれど、

互いの肌感覚を感じ

心地よさを共有できること。

こんな会話が、子どもを育てていくのだと思います。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    岡田亮子 (水曜日, 07 3月 2018 17:40)

    うちの息子も中学生。思春期真っ只中。
    意外とよく話はしてくれるけど、私がバタバタしていて聞いてない事が多く息子からも「聞いてない」と言われてしまっている。「どうせ話ても聞いてくれないから話さない」とならないようにしないと。せっかくの大事な時間。きちんと耳を傾けてあげないとと反省です。
    傾聴、親のすがたが大事なんですね。