あけましておめでとうございます

 

今年もどうぞよろしくお願いします。


昨年、私の提案している「チャイルドケア」の教育と活動を充実させていくために

「チャイルドケア研究所」を立ち上げました。

チャイルドケア研究所への登録は、どなたでもできますが、

意思確認はさせていただいています。

受動的な状況では登録できません。

自ら動く、「能動的」な意思を持っていることが必要だからです。

「学ぶこと」「考えてみること」

「行動を起こしてみること」

「深めてみること」

「つなげていくこと(伝えていくこと)」

これらを積極的に行っていくのが研究所の目的です。

そして、チャイルドケアの学習でもお話ししていますが

『みる』『きく』を一緒に体験していていきたいと思っています。

チャイルドケアでは

「自ら考えて行動する」ことの大切さをお伝えしています。

情報が多いことや周りの目を気にすることが多い中、考える前に情報が投げかけられ、

周りの状況に合わせて動くだけになり、自ら考えることが失われているからです。

もちろん考えていないわけではありませんが、

自らの想いと行動が同じ方向性であればよいのです。

でも私が子育てや生活の相談をされるときに

生徒さんやクライアントさんからは

「~しなければ」

「~するべき」
という言葉をよく耳にします。

自ら自制し、正し、無理な軌道修正で辻褄合わせにがんばっている人が多いんです。
本当は、自分のために周りのために考えて行動していることは
気持ちよいはずです。そうなるために考えて行動しているのですから。

でも想いとは違う行動にストレスを抱えているように見えます。

 

もっと広い視野を持って、情報に合わせるのではなく、

自らの経験や、想いを大切にして行動することです。

子どもにはそう願っている方も多いはず。

なのに親自身がそれができなくなっています。

これでは、子どもはどう自主性を持てばよいのでしょうか?

同じように情報に左右され、長いものに巻かれ、

指示待ちでしか動けなくなっていくのです。

あるいは情報に左右されて、気ままにやりたいことだけわがままに言うことになります。

何にでも興味を示すことは、良いこととは限りません。

考えないで流行りすたりに左右されているだけにすぎないからです。

 

「自ら考えて行動する」

これは、自分のことがわかっていないとできません。

また、周りのことがわかっていないとできません。

そして

自分の生命力に向き合っていないとできません。

つまり、「調和」がとれていないとできないことです。

チャイルドケア研究所では

まさにこの「調和」

《調えて、和を築く》

ここをテーマにして今年は活動していこうと思います。

たくさん一緒に考えていきましょう。そして行動していきましょう。

 

ぜひ今年の決意表明してください。
言葉はエネルギーとなり、

背中を押して、行動につながっていきます。

皆様にとって良い年になりますように。