「す」を「る」に変えて考える

私が自然療法に興味をもったのは、ホリスティックな考えで物事をとらえ、悪いところを治したり取り除くということではなく、もっと全体を見てバランスを整えたり、自然治癒力や免疫力をあげることを目的としていたからです。

 しかし、そのような考えやスタイルで注目された自然療法も最近はどうも対症療法的なやり方が目立ち
何か症状が出ていることに対して使うことが注目されています。
もちろん、薬をすぐに使ったり乱用されるよりは良いのですが

「〇〇には✖✖が効く」とか

 

「▽▽で〇〇にならない」とか

 

そういう言葉にとても違和感を持ちます。

奥歯で銀紙を噛んだみたいな

黒板を爪でひっかいたみたいな

何とも嫌な感じ。

 

自然療法って100人いれば100通りあるはずなんだけど

これだと100人いても一つの方法で済んでしまうということでしょ?

そういうキャッチーな言葉に反応してしまうのは、
日本は、西洋医学への崇拝的な意識がまだぬぐい切れないのだと思います。
日本の医療に対する考えは
ある意味、洗脳されていますから。
検査、ワクチン、薬・・・・・。
メリットばかり伝わり、デメリットは絶対に広がらない。

 

データが多いから効果があるとか

エビデンスで効果が分かったとか・・・・。

それはそれでとても大事なことだし、

そういう捉え方もあると思いますが

そちらばかり注目されていることで

本来の自然療法の価値観がずれているように思えたんです。

別にそういうありかたを否定しているわけではありません。

ただ、そればかりではないと言いたいのです。

 

だけど、世の中そういう流れが強くて

私の行っているアロマやハーブ、フラワーエッセンスも

対症療法を求められると

自分らしくないなって思いながら

勉強した通りに教えて、

理屈だけの理解と納得をしてもらうことに長いこと違和感ありました。

抗菌作用が、鎮静作用が・・・・・とか。

習った通りだから本当にその人に効くかどうかなんてわからないもの。

(なんて言ったら元も子もないですけど)

資格制度になったことで、当然試験もあり、統一した知識をスキルを求めるのは

やむをえないの事情もありますね。

統一した答えを出すことにもともと無理があったとも言えます。

私自身はその違和感を払拭するために違う形で使ったりしましたが

それはそれで別のツールになってしまうから

それも違うなと感じていたんですが、

なぜ私が違和感を持つのかがようやくスッキリ解けました。

「す」と「る」を置き換えてみたら、しっくりしたんです。

 

チャイルドケアは、

「治『す』力」の提案ではなく

「治『る』力」を高めることを提案するものです。

何てシンプルなんでしょう。

何でこんなことに気づかなかったんでしょう。

いえいえ、気づいていました。

だけど、言い訳みたいにたくさんの言葉を述べて

いろいろなことをやって遠回りに提案してきたんですね。

「す」と「る」の違いなのに(苦笑)

チャイルドケアは、モノやツールを使っても

モノやツールに依存しません。頼りすぎません。

モノやツールの「治『す』力」だけを求めてもダメだということです。

なぜなら大事なのはモノやツールじゃなくて

まず

「自分自身に向き合うこと」だからです。

そう、これが

「治『る』力」ということです。

自分に向き合い、自分に興味をもち、自分に関心をもって

とことん自分を知ること。

そして、自分を愛でることなんですね。

「治す力」だと、ツールや方法がメインになってしまうから

成分や順番が大事になってしまうんです。

自分に対して興味を持っている人は多いけれど、

モノやツールに依存して、そっちに関心を向けてしまうことで、
知識を覚えたりすることが大事になって、
自分への関心よりも知識を取り入れることに夢中になって、
いつのまにかその知識に自分を合わせることになります。
 おかしなことになります。

そして、使っているからいい、やっているからいいと思っているだけで、
実際には自分のためになっていないこともあるわけです。

そして調子が悪くなるととたんにそれが不安になって、
やっぱり西洋医学の薬に頼るという
ダブルスタンダードな行動をとってしまうんですね。
自然療法はわかっている。できている。だけど信用していない。
自信がないことにもつながります。

そんな人をみると「もったいない」って思ってしまうわけです。

せっかく勉強して、ツールも持っているのに、
自分を知らないとまた何かにすがるものを見つける。
病院で診断されると安心したりして、
言われるがまま検査して薬もらって、症状が治まると安心して、
趣味的に自然療法を扱うのです。

意地悪な言い方だけど、元気な時にしか自然療法が取り入れられないんですね。
それは自分をやっぱり知らないからだと思います。

いつもより強気な発言ですが。

「自分に意識を向ける」「自分に関心をもつ」

これだけで、自分に何が必要で何をすべきかは見えてきます。

これは人によって違う。違って当たり前。

だから100人いれば100通りになります。

チャイルドケアは、

「自分のために、自分だけのケアを考える力をつけるもの」

そう、だから答えはなくて

一緒に考えてそれぞれの答えを出すものなんです。

結局私がずっと提案してきたことなんだけど、

「す」と「る」のたった2文字に校正に

ずっとモヤモヤ感がぬぐい切れなかったんですね。

長くやっていると、時々迷います。

いろいろなことを言われたり、求められたりするから

軸がぶれそうになります。

でもやっぱり私は「る」を極めたいと思います。

そのうえで「す」も、もちろん考えていきます。

治る力があってこその

治す力は発揮されますから。
 

たしかにね。
「これで良くなる」とか「これで治った」と言った方が
受けがよいし、人は集まります。
言葉だけで事実がわかっていなくとも、
言葉に弱いのです。

特に誰が発信したかで影響は大きい。
医者が言えば、絶対に真実だと思っている人も多い。

有名な人だからということで、信じてしまう人もいる。
結局、自分で答えが出せないから、

誰かの言葉に頼るのです。

 だけど自分のことが分かっていれば、迷いはなくなります。
これは大事なこと。

自分を知ることが、
予防であり治療でありリハビリにもなっているし、
喜びでもあるのです。
 
生きることは喜びになる。

チャイルドケアはそういうスタンスで行きたいと思います。

ちなみに西洋医学を全否定しているわけではありません。
頼っていることもあります。
否定していることもあります。
きちんと情報を得て、知識を付けて、
何よりも自分と向き合いながら利用することが大事なことです。