控えめで大事なこと

夏休み真っ只中。

 

普段以上に親子の光景をよく目にします。

そこで現在の親子状況を目の当たりにする社会勉強をしています。

学校では同じように教育されているから、善し悪しの行動はさほど変わらないと思いますが、あからさまに家庭での教育の差を目にすることが多いからです。

子どもの立ち居振る舞いや言葉遣い、他人との関わり方・・・・・。

そして、何よりもそんな子どものそばにいる「親」の態度などにもつい目がいってしまいます。

昔から「この親あってこの子ども」などとも言われますが、まさにそれは否めません。

 

例えば電車に乗ったときに気づくことですが

「早く行きなさい」「早く座りなさい」と

子どもを誰よりも先に行かせようとする親御さん。

大抵は子どもに座る席を取らせて、自分がどっかり座っています。
結構目にしませんか?

さらには、

子どもも大騒ぎでゲームをしたり、飲食を始めたりと自由。

足をバタバタさせていて、前にいる人の洋服が汚れてしまうかもしれないのに、

あまり気にしないのです。
まぁよくある「困ったチャン」
注意するほどではないけれど、良い気持ちはしません。

 

この光景を皆さんはどう思いますか? 

 

子どもは無邪気でかわいいです。
だけど、その後の子どものことを考えれば、
かわいいだけではおさまらなくなるかもしれませんね。

 

それとは逆に

「待ちなさい」「端に寄りなさい」と

子どもの行動を控えめに心掛けている親御さん。

子どもに待つことや譲ることをきちんと教育していて、

公共の場をわきまえることをしつけているのだと感心します。

お年寄りや体の不自由な人、自分の子どもよりも小さい子どもには、

率先して席を譲っていて、
そうすることが当たり前のように常に配慮しているのです。

ゲームをしていたら、周りに困っている人がいても気づきません。

 

同じくらいの子どもでも、こんなに行動や態度が変わるんですね。

この違いはやはり家庭教育だと思います。

家庭教育をされているか否かで子どもの成長だけではなく、

子どもの社会的な成長が変わるんですね。
それは学校の成績とは違います。

人間教育につながるものだと思っています。

私が子どもの健やかな健康を守るために、
そしてさらなる向上を目指すために、

自然療法を伝えたいと思って「チャイルドケア」を始めました。

でも、自然療法のノウハウだけでは、
親としての教育は伝えられないと思ったので

「家庭教育」も取り入れました。

家庭教育を知ることで、自然療法の扱いも変わります。

大切な子どもも自然の恵みもありがたいもので、大切にしたいものです。

 

夏休み、子どもと一緒に出掛ける機会も多いことでしょう。

そんなときに社会の中で
子どもたちはどんな学びができるのか考えてみるのも

 

親としては大事な学びのチャンスです。

 

「譲る」「待つ」を伝えるチャンスも多いと思います。

そこに我慢をすることを覚え、人への慈愛も生まれることと思います。

人より先に抜きんでることだけが教育ではないです。

学校教育ではそういう部分があるかもしれません。

頑張って良い成績をとることは素晴らしいです。

 

でも、家庭では逆のことでもある
「我慢」や「譲る」ことを家庭で伝えることで、

頑張ることも、我慢することもできるようになって
素敵な成長につながります。

目立つことや自分が得することを教えることが教育ではありません。

 

家庭教育って控えめです。

 

控えめが損と思っている人もいますね。

誰からも褒められたりしないし、良い点数がつくわけでもないし。

でもね。人は意外に見ています。
そしてその子の周りの人たちが変わります。

良い仲間に守られたり助けられたり、人として評価されます。

 

最終的には得じゃなくて

 

「徳」な子どもになるんだと思います。