自画自賛のすすめ

日本人の気質にある「謙遜」する美学。
確かにね。この謙虚さは美しい。
だけど、正しい謙遜が出来ている人は少ない気がします。

自分を過小評価して、自己肯定感を低くしているのは、
謙遜でも謙虚でもない。
「私はいいです」「私はできないです」と
出来るできないの前に完全否定。
自信がないということもあるけれど、
面倒なことはできるだけ避けたい、

だから自分の出来なさアピールをすることもあります。
黙っていて無関心を装うよりはいいのかもしれないけど、

でもこういう場合、結構隠れてこそこそ陰口をたたいている人もいます。

 これ謙遜でも謙虚でもないです。

本来の「謙遜」の美しい言葉の真意とは違ってきているように思います。
だったら、謙遜なんかいらない。
堂々と遠慮せずに言動も行動もしてみたらいいんです。

そういって、
「では、そうします!」といって
行動が出来る人が「謙遜」していた人だってわかります。

「そうはいっていっても・・・」と
グチグチ言って行動しない人は謙遜しているわけじゃないです。

あくまでも私の判断基準ですが。

それと、自分のことを過小評価するのも謙遜ではないですね。
自信がないことが、謙遜ではないから。
私は過小評価する人をみると、とても悲しくなります。
もちろん謙遜で言っているのかもしれないけど、
自分のことをなぜこんな風にしか思えないんだろうって
どちらかというと、そうとらえてしまいます。

自分の子どものことでもそう。悪いところを紹介する。
それは良くないですね。まぁ、昔の人は良く愚息とか、愚妻とか、
身内のことをそんな風に言いましたけど、これはね良くないと思います。
自分だけが分かっているいいところがいっぱいあるんだから
それを紹介すべきです。
 
でも実は、私もそうでした。
子どものいる前で子どものことを少し悪く言ってしまったことがあります。
もちろん謙遜のつもりでした。

でも子どもに謙遜なんてわからないから、
相当ショックだったようです。
「ママは誉めてくれたのに、嘘だったの?」
「どうしてダメなことをみんなに言うの?」と
ひどく傷つけてしまったことがあります。
それからは、自分の子どものことはありのまま伝えます。

「とってもいい子です。だけどおっちょこちょいなの。そこがかわいいけど」とか
「素直で真面目。だけどグウタラなところもあるわよ、外では気が張ってるのかもね」とか。
自分しか知らないありのままを話します。
悪いところも話します。

いいところだけ話すと、自慢話に聞こえちゃうし、
そういうつもりはなくても
人は良い話を妬んだりするんですね。
でも必ず良いところを先に話します。

だって、本当はそこだけ話したいんだもの(笑)
我が子のいいところを話していると、なんだか気分よくなります。
そして不思議なものでいいところを話していると、
子どもが元気に育ってくれていることに改めて感謝したりして。
いい気分。
そう、自画自賛で親は幸せなもんです。

だから、私は子育て関連の講座のときに、
小さなお子さんのいる講座では自己紹介のときに
子ども自慢を一つ添えてくださいとお話しします。
ただ、「○○才の子どもがいます」じゃなくて、
「野菜をたくさん食べてくれる2歳の男の子の母です」って言うだけで、
なんか違ってきます。

そうすると講座のあとで、
あるお母さんが
「本当はおむつが取れないことが悩みで、それを相談しに来たんですが、
なんか野菜もりもり食べてくれる我が子なんだって思ったらどうでもよくなりました」って
言ってくれて
あぁ何気ないことで、お母さんたちは変わってくれるから、
お母さんが変わってくれる魔法の言葉をたくさん持ちたいなって思ったことがあります。

私の講座に参加されている方はわかると思います。
私自身が、自画自賛しているから。
「これ、すごくいいよ。楽しいよ。すごくない?」って。
そうすると、何だか皆さんそう思えるようになるし、
わからないけど「楽しい」そして「ハッピー」って気分になるです。
そして、子どもに早く会いたいって思えたり、
家族に優しくしようって思ってもらえるんです。
学問的なことを身につける内容ではないけれど、
こんな大切なことを再確認できるのは良い学びですね。(あっこれも自画自賛)

物事を良い方向でみるためには、不要な謙遜はしないこと。
先ず自画自賛していきましょう。それが上手になった人だけが謙遜できるんです。

大いに自分を認め、評価して、喜びましょう!