読書をしませんか?

子どもたちの間では、本を読むことをとても推奨されていますね。

本の読み聞かせをお子さんにしている方も多いことと思います。

またボランティアで活動されている方も増えています。

読み聞かせのための民間資格などもあるようなので、

熱心さがわかります。

 

小学生以上になると「朝読書」とか「10分間読書」など

読書を習慣化している学校も少なくありません。

 

では、家庭ではどうでしょう? 

 

大人の読書は日々できていますか?

 

チャイルドケアを学んでいる生徒さんたちに

「最近読んだ本はありますか?」

「先月何冊の本を読みましたか?」と尋ねると、

残念ながら皆さん口を閉ざされます。

 

本だけではなく、大人の活字離れも加速しています。

情報を取り入れるのはもっぱらネットでの

安易な検索とあいまいな内容。

文字を読み深めることも思考を使ってあれやこれと

考えることも減っています。

 

本を読むことで様々な疑似体験ができたり、

登場人物に投影することで、

今までにない考えや思いを持つこともあります。

旅行に行かなくてもその土地のことがわかったり、

人と会わなくても楽しい会話が楽しめたような気持ちになります。

昔の歴史や文化に触れたり、

普通に暮らしていたのでは気づくことのできなかった

現実や社会問題に考えさせられることもあります。

 

親となり、さまざまな視野を広げ思考を深めねばならないときに、

本を読んでいると、助けられることは多々あります。

 

いろいろな分野の本を読むことで、

幅広い思考を使うので、脳の刺激にもなり

心を柔軟使うことができます。

 

イライラも減り、行動もスムーズになります。

 

読書は「ケア」になるからです。

7つのコンセプトの「言葉を大切にする」に位置付けられます。

 私のスクールでは、

以前から「チャイルドケア図書部」というものを開催しています。

 

開催といってもSNSのFacebookのグループを利用した仮想クラブです。

私が選書した数冊の本から、選んで読み、

それをシェアします。

 

同じ本でも視点が違えば感想も変わります。

また様々な分野の中でチャイルドケアについて考える機会にしています。

決して楽しい本を選書してはいません。

チャイルドケアの「考える」ができる本ばかりです。

時には子どもに関する社会問題や事件レポのような

目を覆いたくなる内容が書かれているものなども提案します。

おそらくご自身では手にしない本ばかりです。

 

「とても苦しくなった」

「やるせない気持ちになった」

「他人ごとではないと思った」など、

皆さん苦しみながらも考えられていることがわかります。

 

また、読書に不慣れな方には、

社会問題をテーマに扱った小説を提案します。

例えば「虐待」「ママ友の問題」をテーマにしたものです。

小説ですから、読みやすくなっていますが、

逆に生々しいものがあります。

 

皆さんの中にある「本音」「共感」「反感」「正義」

「惰性」「葛藤」などがフツフツと思考の中に現れます。

日々平凡に過ごしているとなかなかこういう感情に向き合うことはありません。

悩みの中には存在していても気づかぬことも多いのです。

そこを読書という形で向き合うことで心を整理することで、

悩みの解決糸口が見つかることもあります。

 

皆さんもチャイルドケアの学習の一環として

そして子育てや生きる力の糧として、

「読書」をする習慣をつけましょう。

語彙が増えます。

良い知識も増えます。

興味や関心も増えます。

社会意識も高まります。

そして自信がつきます。

 

「チャイルドケア図書部」は

、必ず1冊でも読むことができてシェアすることが出来る方は

どなたでも入部できます。

私の独断ですが、幅広いジャンルから選んでいます。

 

よろしければぜひ入部ください。

 

SNSのFacebookから「チャイルドケア図書部」で検索してください。

 

本来は、非公開グループですが、
現在部員募集のため
仮入部受付中です。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    山本美津子 (木曜日, 11 5月 2017 22:23)

    チャイルドケア図書部に入部してから、本を読むようになりました。

    本から学び取れることは、こんなに多いものなのだと、大人になって気付きました。