保護者の自覚

4月に入り、入学、進級などお子さんのいる方は忙しくしていらっしゃることと思います。

そして、子どもたちが新しい生活が始まる頃、

保護者会などで、親も新しい生活のための集まりがありますね。

いわゆるPTAのお話です。

PTA問題は、私の子どもが小さい時から様々な問題はありましたが、

ネガティブなことばかり取り上げられているから、

任意だから入らなくてもいいとか、

できる人がやっていればいいとか、なんだか好意的な存在ではないですね。

 

私は、子どもが世話になっている学校だから、

親もできることをするというのは大切なことだと思っています。

できないことは誰かと協力していくことで解決できると思います。

できないことを考えるより、できることを考えていった方が、親だって成長します。

子どもだってそうやって学び成長しているんですから。

 

チャイルドケアのスクーリングをこの時期に行っていた頃は、

「積極的にPTAになったほうがいいです」と呼び掛けてました。

子どものことを知ること、子どもを取り巻く環境のひとつとして、

学校や保護者、お友達の関係を知ることは、チャイルドケアでとても役立つからです。

最近は、この時期のスクーリングもないので

受講者の皆さんにそんな声掛けをすることもなくなりましたが、

先日ある受講生の方が、10年前のスクーリングに参加されていて、

その時はまだお子さんが赤ちゃんだったそうです。

でも私のスクーリングでの「PTAになるといいよ」という言葉を覚えていて、

今お子さんが成長されてPTAの活動をしているとメッセージをいただきました。

私、PTAに貢献してます(笑)

でもその方もPTAをやったことで良かったと感想もありました。

私が勧めてPTAになった人は、皆さん良い経験をされたと話してくれます。

自信がもてたとも。

そうなんですね。

ネガティブなことばかりじゃないと思います。

親として、社会と家庭をつなぐ大人としていろいろ学ぶことはあります。

もちろん楽しいことばかりではないです。

でも、楽しいことを行うことではないです。

子どもたちが健やかに元気に学校生活を楽しむためのお手伝いです。

面倒なことが多いのです。でもそれらは大切なこと。

大切なことはそんなに簡単にはいかない。

親も学ぶチャンスです。

そして、今の学校やそれぞれの家庭のことを知るきっかけになります。

いろいろな考えがあります。どれも正しいし、時には誤ることもあるでしょう。

でもそれらを狭い思考ではなく、広い視野で考え、

皆が笑顔でいられるためにどうあるべきかと考えることができるのは、

なかなか深いものです。
保護者の自覚が生まれます。自分の子に限らず、子どもを社会で守ろうと思えるようになる。
当たり前のことだけど、自覚があるのとないのでは少し違うんです。
自覚がないと自分の子だけしか見えないモンスターペアレントになりがちです。

ぜひ、戸惑っている人は怖がらずにやってみると良いですよ。

子どものためだけではなく、

実は自分のためにやってよかったとなることが多いですから。

大変だけど、きっとお子さんも

母が父が頑張っている背中を誇らしく思ってくれるはずですから。

皆さん、子どもに負けないようにがんばりましょう。

私だってできたんですから(笑)できるできる!