太陽のようなおかあさん?

 「太陽のようなお母さん」

 

皆さん、どんなイメージですか?

 

いつもニコニコしていて、暖かくて、優しく見守ってくれる?

そんなイメージでしょうか?

確かに、絵本の中の理想の優しいおかあさんは
穏やかな春のおひさまみたいですね。
小さな子どもたちには、おかあさんはそんな感じであれば理想です。
でも、今の時代 
おひさまの「暖」を求めるより
スイッチひとつでエアコンの「暖」をとるし、
日焼けしたくないと、日焼け防止対策。
全然、お日様は崇められてないから、
「おかあさんは太陽」という言葉に違和感をもちます。

 

どうもこの太陽のようなイメージが変わり始めているような気がします。

いつもガンガン、ギラギラと子どもを照らし続け、

子どものすべてを明らかにしようと、いつも照らし続ける。

 

いつもギラギラ照らされているから、

子どもは、疲れ果てます。のどもカラカラ。
煽られて、焦って、いつも急かされて・・・・。

近すぎて、暖かいどころか熱すぎてやけど手前でも気づかない。


最近の「太陽のようなおかあさん」
私のイメージは、こんな感じです。
そういう、おかあさんが増えているから

太陽のネガティブなイメージと重なるので
良いイメージではないです。

 

実際、太陽の日差しもオゾン層の破壊により

人間にとって有害なものになっていますから

昔の穏やかな太陽の日差しとは違うんです。

温暖化で、太陽のイメージも変わってきますね。

そうなったのも人間のせいですけどね。

 

太陽のようなお母さんに憧れていると言いますけど、

だったら、太陽だって沈むからね。

時には、沈んでそっと見守ることや、

太陽が知らないことがあっていいと思います。

その代わり、他の人(月)が見ていてくれるんだもの。

24時間ギラギラ照らしすぎる必要はないし、

時には雲に覆われていいんです。

だけど、現代の太陽のようなおかあさん・・・・
ニコニコ照らすよりも、メラメラと怒り、命令し、存在を見せつけて。
沈む時間に、寝ることもしないで夜更かしして
寝不足で、体調崩して、そしてまたイライラしてギラギラとして。
そんなおかあさんいるんです。

太陽は、何となく生活の中心にあり、
家族の中心というイメージがあるのでしょう。

だけど、支配しているものではなく、

生活や家族のリズムを作っている存在。

そんなふうに太陽のイメージを変えてもらえれば

素敵な太陽のようなお母さんになるのかもしれません。

最近続けて「太陽のようなお母さんになりたい」

「先生は、太陽みたいですね」などと耳にして

私がもつ太陽のイメージとは異なったので
私の勝手な言い分を書いてみました。

私のイメージでは、私は太陽ではないから、

きっとほめてくださっている言葉でも、

深読みして否定的に思ってしまうのです(苦笑)

へそ曲がりの性分なんで、素直に受け取れません・・・・。

私は「太陽」は目指していません。どちらかというと「月」派です。

これは昔から言っています。

メジャーなものよりマイナー。

オーバーグラウンドよりアンダーグラウンド

マジョリティーよりマイノリティーに興味をもつ気質が

そうさせているのでしょうか?

物心つく頃から「月」派です。

 

きっと、過去世はかぐや姫だったのでしょう。

(あっ・・・ここ突っ込むところです(笑))

 

再びこのことは、またどこかで綴ります。

コメント: 2
  • #2

    松本美佳 (木曜日, 02 2月 2017 17:34)

    武藤さん、コメントありがとうございます。
    叔母様といらした方でしょうか❓間違っていたらごめんなさい。
    共感いただきありがとうございます。
    最近のお母さんは、自分が子どもの前に行ってしまい、
    子どもより目立つ傾向にありますね。
    自分が主役になっているように見えます。だから少し皮肉ったんです(笑)
    私は子どもの前にいるよりも、子どもが不安を持たずに前に進んでいき、
    何かのときに不安になって振り返ったときに、
    ニコッと笑っていてあげたいと思っています。
    そして最初に「ファイト!」と声をかけたい。
    そんな母親でありたいと思っていました。できていたかはわかりませんけど。
    ネットやスカイプなどを利用して講座も展開しています。
    よろしかったら、またいらしてください。
    フェイスブックページでも情報を伝えています。
    よろしかったらそちらもご覧ください。スクール名で検索してください。

  • #1

    武藤銀哉 (火曜日, 31 1月 2017 15:41)

    覚えてますか??1年ほど前の講座にひょっこり顔を出した男子学生です。最近はネットでも講座をされているのですね。

    お母さん像についてのお考え、私は共感できるものがあります。