自分リズムで整える

今年も残すところわずかとなりました。
まだまだ師走なんて感じがしない…なんて言っていたら、
クリスマスも終わるとあっという間に年の瀬がぐっと押し迫ってきて、
急に世の中が忙しなくなります。
世の中に目を向ければ、その勢いにのまれて焦ってしまうし、
世の中を見ずにいれば、なんだか急に取り残された気持ちになるから、
この時期はなんだかワタワタします。

そう、私たちは自分ペースとこの世の中のペースというのに上手に乗ったり、
乗らなかったりと適度にバランスよくやっていくことが大切だったりします

自分のペースでやるのは、とっても楽です。
だけどそのペースだと、やっぱり浮いてしまったり、取り残されたり、
全然違う方向に自分だけが行ってしまうなんてことがあります。

それだと、あとから帳尻を合わせることに苦労します。

とはいえ、世の流れにのまれてしまうと、意味のない焦りや不安を抱え、
ただ追いつくことだけが目標になっていると、体裁だけは保っているけれど、
中身のない空っぽな自分に気づいたときに、ひどく悲しく空しくなることもあります。

私がそうだったから、そう思うだけなんですが。

だから、いろいろなペース、リズム、流れを柔軟に感じ取って、
緩やかにしなやかになじんでいくことが、必要に思うわけです。

それはどう身に着けていくのか・・・というのは、余裕をもつことです。

「そこがいちばん、難しいんじゃないの」って突っ込まれそうですけど。

余裕をもつためには、何もしない、考えない時間を作ることからです。
何かやっていたり、思考をめぐらせていたのでは、余裕はうまれません。

そう、難しくはないんですね。意外にシンプル。

ボォーとしていてもいいし、目をつむって音楽を聞いてもいい、
15分くらい横になって眠ってしまうのもいいでしょう。
このときは15~20分までです。

1日の15分~20分を、一度思考と行動のリセットをする時間にするとよいのです。

そのあとに改めてスイッチを入れるのです。

そうすると、不思議なほど切り替えられて、余計な不安や焦りは消えます。
さらに、思考はさえてきます。
だから、落ち着いて判断できたり、効率的に行動できたりするので、
ノンストップで動いているよりもずっとスムーズです。

ホントホント・・・・。

余計なことは「まぁいいか」って流せるようになって、
必要なことは順番立って考えられるようになります。
そうすると、「忙しい」「時間がない」という思いから作った負のエネルギーで、
身動きが取れなくなっていたことに気づくはずです。
そう、時間という枠に自分ががんじがらめになっていて、
有効に使えなくなってしまっているだけです。

「忙しい」といえば、なんだかできる女、頑張っている母、
しっかりしている妻のつもりでいられるんです。
だけど、それが大きな勘違い。
都合のいい「言い訳」そして、余裕を作れない状況にしている原因。
私も少し前はそうでした。人に会うと必ず「忙しいんでしょう?」と言われるほど。
「忙しい」がイメージなっていたくらい。
自分を「忙しい」で守り、ごまかし、不安と焦りであえて忙しくしようとしてました。

「忙しい」という枠の中で考えないことです。
まずやることを決めることです。
そして、「やらなくてはいけないこと」という縛りをつけないことです。
「いけないこと」となるから、罪悪感をもってしまうのだもの。
やらなくてもいいことも入っているんです。
自分で勝手に「やらなくてはいけない」という括りでしばりつけているから苦しいんです。
自分のできる容量を確認しないといけません。

許容を超えて行えば、やっていることも質の良いものではないです。
とりあえず体裁で、自己満足に終わるけど、結果的にまた同じことで苦しみます。

そんな自己満足は、意味があるのかしら?

その時だけはいいけど、
ずっとそんなぎりぎりに間に合わせていくようなことをやっていけば、
しんどくなるはずです。いや、しんどいんです。
「しんどくない」って言ってしまうのも、自分をごまかす悪いクセ。

私もそうでした。若さゆえにスピードも重視してましたけど、
スピードは、普段の生活にはあまり関係ないです。
何かを競ったり、タイムを計って、記録を残す人には必要ですけどね。
日々の中ではあまり意味がないように思います。

私は、自分でどちらかというと、せっかちで物事をサクサクこなす方で、
自分のペースは速い方だと思っていました。
それが良いことだという勘違いもしてました。
でもね・・・・
自分の心地よいペースって、意外にもかなり、ゆっくりでした。
それに気づいて、行動するようになったら、意外な良いことが起こりました。
不思議と持病の神経性胃炎が無くなりました。
20年以上、しんどかったことが無くなりました。薬じゃ効かないわけね。
それと、からだの冷えも落ち着きました。
結局、無理なリズム合わせは全部ストレスでした。

それで本来のリズムに気づいたら、いろいろなリズムが整いだして
自律神経も整ったんでしょう。
ちなみに更年期の年齢だけど、
まったくもって更年期障害の気配はありません。

 

それと、案外にもゆっくりでもきちんとたっぷりできるってことです。
急いでやればたくさんできると思っていたけれど、
雑だし、二度手間になることも増えるし、
度忘れもあってワタワタしていて、他のことがおろそかになって、
結局時間はかかっているんです。
ゆっくりやっていると、そんなことはなくなります。
人は生きていくことでこんなにもさまざまなリズムに影響されていることに気づきます。
まずは自分のリズムを知ることで、
他のリズムとも上手に共鳴したり、調和したりするんですね。
自分のリズムを知って、もっと生きやすくしてみてもいいかもしれませんね。

いろいろな悩んでいたり、痛みを持っている人は、
どうもご自身のリズムと合っていない行動をされているように思うのです。
だから、不安定で、リズムの悪い生き方になってしまうのではないかと。

もちろん、やらなくてはいけないことはありますから、
それをやらないということではありません。
やることはできるようになるし、やらなくてはいいことは処分できるし、
やりたいこともできるように切り替わるんです。

自分が一番心地よいリズムで動けるということは、
周りとのリズムにも上手に合わせられるようになるから
行動そのものが、もうハーモニーです。
ときに、バラードで、ワルツで、行進曲で・・・・・。
生きているもの、生活には、すべてリズムがあるんですね。

 

そうそう、最近のおすすめは、脈をはかること。
自分の手首に指先をそっとあてて、自分の脈を感じてください。
まずそこから。
ドクンドクン・・・・。

気づけないようでは心の焦りが強いです。
自分の脈を感じ、心地よいリズムだと感じていれば大丈夫。リズムはとても大事です。

リズムを整えて、良い年をお迎えください。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    Vincenzo Pellegrino (木曜日, 02 2月 2017 17:07)


    I am not sure where you are getting your information, but good topic. I needs to spend some time learning more or understanding more. Thanks for excellent info I was looking for this info for my mission.

  • #2

    Palmer Piggott (金曜日, 03 2月 2017 04:28)


    Asking questions are truly nice thing if you are not understanding something totally, but this piece of writing provides good understanding even.