スクールについて

自然+心身のケア+知・情・意=生きる力


当スクールは、自然療法を単なる方法や知識として学習するのではなく、

自然を感じ、心身を整え、そしてさらに、知・情・意で物事捉えながら、

「生きる力」を高めていくことを目指しています。

自然療法を通して、生活や育児、子育て、介護、そしてセルフケアまで

幅広いライフスタイルの背景に必要なケアと家庭教育を提案しています。


5つのスタイルから提案

① 植物を利用したケア

   アロマセラピー、ハーブ療法、ハーブ薬膳など

② ボディーワーク

   タッチケア、アロマ実技、アロマリフレクソロジー、フェイシャルケアなど

③ 心理面からのケア

   フラワーエッセンス、カウンセリング、タロットリーディングなど

④情操からのケア

   アートセラピー、カラーセラピー、言葉の講座など

⑤その他

   アーユルヴェーダ、東洋医学の知恵をホームケアに生かす方法のほか

   アロマや自然素材を利用したクラフト講座なども提案しています。

   講座はオリジナルカリキュラムでご提案しています。


ケア=ホームケア=家庭教育

健康な子育て、家庭生活を築くためには、基本的生活習慣を整えることです。

基本的生活習慣とは、早寝、早起きばかりではありません。コミュニケーションをはじめとする、社会的生活習慣も含まれます。この基本的な生活習慣を整えることがホームケアです。つまり家庭教育も当スクールでは「ケア」として考えています。

たとえば、個人だけを見るのではなく家族や家庭、環境や人生も含めてホームケアを考えます。

こうした視野を広げて考えることも、自然療法観のひとつです。


心+からだ+スピリチュアル=調和=健康

ここでいう、スピリチュアルとは、霊的、宗教的な意味合いではありません。

「健康」を考える上で、心とからだを整えることは知られています。

しかし、私たちは、社会という中で生きていかねばなりません。つまり社会や環境も含めた調和を考えていく必要があります。また、育っていく環境や家庭状況も関係していると考えます。

そこで、ただ自然療法を対処療法として用いるのではなく、自然療法の中にある

哲学的な思想も含め、「生きること」をていねいに考えてみる内容を提案しています。違和感や不調和に対して、早めに気づき、自ら調整できるよう「ケア」を捉えていきます。

知識だけではなく、五感による本能的な感覚や、細やかな感性を大切にしたケアをお伝えします。